ホスラブで誹謗中傷を受けて困っている場合の対処法とは?

ホスラブで誹謗中傷を受けて困っている場合の対処法とは?

ホストラブとは

 ホストラブ(通称:ホスラブ)とは、インターネット掲示板の1つで、2001年にホストクラブに関する情報交換を目的として開設された掲示板です。
現在はホストクラブだけではなく、キャバクラや風俗などの「夜のお仕事」に関する情報交換を目的としたサイトとして運営されています。

ホスラブの特徴

 匿名で自由に書き込むことができるというのがインターネット掲示板の特徴ですね。
 ホスラブも同様に匿名で自由にホストクラブやキャバクラなどお店のことだけではなく、ホストやホステス(いわゆるキャスト)のことまで書き込むことができます。
 そのためお店単体の情報だけでなく、「このお店のこのホストがカッコ良かった」など個人的なことまで掲示板に書き込まれます。
 また、ホスラブは関東版、北海道版、関西版、九州版…など、地域別に選択することができるのも特徴です。
 
 月に200万人のユーザーが利用し、6億回閲覧されていると言われており、国内でもトップクラスの利用者がいると言われている掲示板です。

 さて、このホスラブには「誹謗中傷の書き込みが多い」といったマイナスの特徴もあります。これは「匿名で自由に書き込みができる」という特徴からきているのですが、かなり問題になっています。
 そして、18歳未満は閲覧できないことになっているため、性的な話題も書き込まれますので、キャストの性的なことも書き込まれてしまうという問題もあります。
 ここではホスラブの問題点についてみていきたいと思います。

ホストラブの問題点とは?

 ホスラブの問題点は「誹謗中傷の書き込みが多い」ということなのですが、具体的にどのような書き込みがされているのかチェックしてみましょう。

事実無根の内容

 ホスラブに書き込む人はお客様だけではなく、キャストやボーイなどのスタッフ、そしてライバル店など様々です。
 実際に書き込まれる内容としては
  ・この店はぼったくりだ
  ・暴力団とのつながりがある
  ・ホステスがクスリをやっている
  ・あのホストは性病だ
  ・自分が働いている店は給料をロクに支払わない
 など、気に入らないキャストに当たってしまったりイマイチな接客をされてしまったりしたお客様からの書き込みや、同じ店で働くキャストを名指しで誹謗中傷することによって貶める目的、他の店を誹謗中傷することによって店の営業妨害や信頼を失墜させる目的など色々な目的で誹謗中傷が書き込まれます。(逆に自分の評価を上げるためにウソの情報を書く、いわゆる自作自演をする人もいます。)
 このような事実無根の書き込みをされることによって、お店の客足が遠のいたり誹謗中傷を書かれたキャストが避けられたりと、お店やキャストの営業が妨害されてしまうのです。

個人情報

 お店のキャストは本名が山田太郎という人が「ホストA」ですと名乗るなど、源氏名で働く人が多いのではないかと思います。
 このホストAさんについて本名や自宅住所、電話番号、家族関係を明かす、プライベートの写真を掲載するなど、個人情報をホスラブに書き込む人がいるのです。これは個人情報の漏えいです。
 個人情報を明かされることによって自宅を突き止められてしまいストーカー被害に遭ったり、身内や職場に内緒で働いていることがバレてしまって身内とトラブルになったり、職場に副業がバレてしまって副業禁止の規定に引っかかりクビになったり…様々なトラブルが起こってしまいます。

 個人情報の漏えいはキャストだけではなくお客様の場合もあります。
 話が盛り上がってお客様の情報を得たキャストが「●●会社の□□社長がきてくれました~」という情報が書き込まれることがあります。
 本来であればキャスト側がお客様の個人情報を漏らすようなことをしてはいけないのですが、「こんな人を接客した」と自慢したいキャストや、情報を得たキャストのことを陥れたい誰かがそのキャストを装って書き込みをしてお客様の個人情報を漏らしてしまうのです。

 当然このような個人情報の漏らされ方をすれば漏らされたお客様はお店に来てくれなくなりますし、そんなことをするお店には行かないようにしようと思う人が多いのではないかと思います。

過激な投稿内容

 本名ではなく源氏名であれば何を書いても名誉棄損などの罪にはならないだろうと、過激な内容を書き込まれてしまうことがあります。
 これがホスラブで権利の侵害が起きてしまう一番の原因だと言っても過言ではありません。
 例えば本当かどうかは別にしてホストAの容姿に対する悪口(「Aはハゲだからカツラをかぶってる」「Aは整形しててホントは不細工」など)や「〇〇店のホストAは金を払えばホテルに行ってくれる」などといった内容です。
 源氏名だからバレない、好き放題言ってやろうという人がいるためこのような書き込みがされやすいのです。当然ありもしないことを書かれたら傷つきますし、営業に支障が出るので困ってしまいます。あったことだとしても、たくさんの人に知られたくなかった内容だってあると思います。
  
 
 このように誹謗中傷や個人情報、過激な内容を書き込まれてしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか?

ホスラブで酷い書き込みをされてしまった場合の対処方法

ホスラブを見ないこと!

 ここまで見ていてわかったかたもいらっしゃると思いますが、匿名で自由に書き込める掲示板に信用性はほとんどありません。実際に書き込まれている内容も、キャストの悪口や噂話、などどうでもいいものや嘘のようなものばかりです。逆に良いことを書かれていたとしても、それに対する悪口が書かれてしまうのです。
 自分がどのように思われているか気になるかもしれませんが、書かれていることを気にしても仕方ないので見ないのが一番です。「書き込んでいる人は直接文句が言えない気が小さい人なんだな」「悪口サイトなので見て気に病んでも仕方ない」ぐらいに思って無視しておきましょう。

書き込みの削除依頼をする

 ただの悪口なら我慢ができても、個人情報の漏えいやあまりに営業に支障が出るような書き込みを黙ってみているわけにはいかないと思います。
 この場合はサイト内にある「削除依頼」をしましょう。
 削除依頼の詳細については後述しますが、削除のポイントは書き込みがただの悪口ではなく個人情報の漏えいや名誉棄損にあたるような内容であるということです。
 「Aは不細工」といった程度の内容では削除してもらえないということになります。

ホスラブの書き込みの削除基準

 掲示板には常に書き込みがされていくため、書き込みの量は膨大です。
 また、むやみやたらに書き込みを削除してしまうと利用者が減ってしまう=サイトの収入が減ってしまうというリスクがあるためそう簡単に掲示板の書き込みの削除をしてくれません。
 そのため、手順に沿って削除依頼をすること、書き込みがガイドラインや利用規約に反しているなどの理由がきちんとあることなど、ホスラブの基準に沿って削除依頼をしていきましょう。

削除依頼の手順

 ホスラブのホームページにある「削除依頼フォーム」から削除依頼をしていきます。
 削除依頼フォームに記載するのは
  ①対象URLに記載されている14桁の数字
  ②対象レス(書き込み)番号
  ③ガイドラインから抜き出した削除理由
 です。これらを入力出来たら「依頼」ボタンで送信します。

 対象URLは、誹謗中傷などが書き込まれたスレッド(書き込みをされているページのこと)のURLのことです。「http://」から始まるURLの中に14桁の数字が書き込まれていますので、その数字を入力します。
 次に、削除してほしいレス番号を入力します。複数ある場合は「1,50,89」といったようにすべて入力しておきます。
 そして最後に肝心の削除理由です。ガイドラインを要約すると次のようになります。

●個人名・住所・所属について
ネットやメディアなどで公開されているもの、情報価値があるもの、公益性が有るものなどは削除の対象外です。趣旨説明や公益性がないもの、誹謗中傷の個人特定が目的であるものなどが削除対象となります。
●電話番号について
電話番号は原則として全て削除対象です。伏せ字や電話番号を示唆するような文字列であっても削除対象となります。
ただし、削除依頼した人が自ら公開していた情報や、公的なもの、リンク先で確認できるようなものは削除対象外となります。
●メールアドレス・ホスト情報について
騙りの可能性がある場合や悪意が明らかで攻撃を目的としている場合、衆目にさらすことを目的としている場合などは削除対象となります。
●誹謗中傷について
公益性があり、スレッドの趣旨にのっとって関係者や被害者による事実関係の記述などがあるような書き込みは削除対象外です。
  個人を特定する情報に関してはすべて削除対象となります。
●私生活情報について
公益性のない私生活情報などのプライベート情報に関しては、個人を完全に特定できなくても、中傷をされていなくても、一律削除対象となります。

これらガイドラインに載っている削除理由から、削除してほしい理由を抜き出して入力します。
 ここまで出来たら「送信」して完了です。

削除依頼をする場合の注意点

 削除依頼をする場合に注意すべき点がいくつかあります。
 まず削除依頼をしたら「削除依頼履歴」に公開されるということです。
 削除依頼履歴に残るのは削除依頼した対象URLとスレッド番号と削除理由だけで、削除依頼をした人の名前は公開されないのですが、書き込んだ人が削除依頼の内容を見れば『自分の書き込みが削除された』ということはわかると思います。
 削除依頼をされたことに腹を立て、余計に過激な書き込みをされてしまう可能性があります。
 また、削除理由は削除人に削除をしてほしい気持ちをわかってもらえるように入力したほうが良いのですが、あまりに詳細に削除理由を書いてしまうとそれが削除依頼履歴で公開されてしまう、つまりは知られたくない情報を自ら公開してしまうことになってしまう可能性があります。

 では削除依頼履歴に残さないように処理する方法はあるのかというと、「裁判所に削除の仮処分申し立てをする」ことで処理することが可能です。
 申し立てが広く公表されることはありませんし、仮処分命令がされれば運営会社はほぼ確実に削除に応じてくれます。
 申し立てをするとなれば費用と時間を要しますが、それでも履歴に残さず削除したいと考えるならこの方法を取ることになるでしょう。

お店に対する誹謗中傷は削除されにくい

 公開されている情報は削除されないという点だけでなく、公益性のある情報は削除しないという点からも、お店に対する書き込みは削除されにくくなっています。
 例えそれが「あの店は暴力団とつながりがある」などという根も葉もないうわさだったとしても、その情報が“公益性がある”とみなされれば削除されないからです。
 そのような場合も申し立てをしたほうが良いでしょう。
 申し立てを成功させるためには弁護士に相談や依頼をしてみると可能性が高くなると考えられます。

削除人はボランティア

 削除依頼に対応してくれるのは運営会社ではなくボランティアの方です。
 ボランティアの方は無理に削除依頼に応じる必要がありません。
 削除理由を書くときに「一刻も早く消してくれなければ困ります!!」などと急かすような文面を書いてしまったらどうでしょう?
 自分がボランティアの立場であれば、無理に削除依頼に応じなくてもいいのであればこのような文面で削除依頼をしてくる人の依頼にはあまり答えたくないなと思ってしまいます。実際のボランティアの方もそうだと思います。
 ホスラブのサイトにも「削除人はボランティアですので暴言などないようにしてください。」と記載されています。

 同時に、暴言のような文章でなかったとしても、連続で削除依頼をかけ続ける行為もやめておきましょう。削除は「96時間を目処に行います。」とされています。96時間、つまり4日を経過していない間に『削除をお願いします』と何個も削除依頼をすることもボランティアの方に良い印象は与えません。96時間経過しても削除されない場合は再度削除依頼をするか、削除されない理由があったと考えられますので申し立てをするなど別の方法を考えましょう。

 削除依頼をする際は、焦る気持ちをぐっと抑えて礼儀正しく丁寧な文章で削除依頼をすることをおすすめします。例えるなら取引先の人とやり取りをするような感じで削除理由を書いていくと良いでしょう。

わからないことは弁護士などに相談

 単純に個人に関する書き込みを消してしまいたいけれど、時間が無いから『誰かに依頼したい』と考えてインターネットで調べたら「削除代行業者」の存在があったので、代行業者に依頼してみよう…と考えている方は今すぐやめましょう。
 削除の代行は弁護士法により禁止されています。そのため代行業者に依頼した場合、代行業者はもちろん依頼した方も違法行為を行ったとして罰せられることになります。
 そのため誰かに依頼したいという場合は必ず弁護士に依頼するようにしてください。

 依頼をする前に相談だけしたいという場合、無料相談などを受け付けている事務所もあるため気軽に相談をすることが可能です。
 

弁護士に削除を依頼するメリット

 自分で削除依頼をすれば時間はかかりますが費用はかかりません。
 弁護士に削除を依頼すれば当然費用がかかりますが、それでも依頼をするメリットがたくさんありますのでご紹介します。
 
 ●削除される可能性が高くなる
  掲示板の削除の依頼を多く受けている弁護士であれば、これまでの経験や知識を活かして書き込みを削除できるよう削除依頼をしていきますので、自分で削除依頼をしても削除してもらえなかったものが弁護士の依頼で削除をすることができたというケースもあります。

 ●スレッドごと削除してもらえる可能性がある
  ホスラブの削除依頼に対応しているのは基本的に書き込みに対してですので、スレッドごと削除してもらえるケースはほぼありません。
  しかし中には誹謗中傷だらけでスレッドごと削除をしてしまいたいものもあるかと思います。
  そのような場合に弁護士に依頼すると、スレッドごと削除をしてもらえる可能性が出てきます。

●裁判所に関する複雑な作業などを任せることができる
  削除依頼の申し立てだけでなく、悪質な書き込みを続ける個人を特定し、その個人を名誉棄損で訴えたり慰謝料の請求をする…など、裁判所に関わる内容が発生した場合は、申立書などの作成や個人を特定するための開示請求など、多くの作業が発生します。
  この作業は難しい内容が多く、時間も労力もかなりかかってしまいます。
  これを弁護士に任せれば、きちんと書類を作成し、必要書類があれば全て集めてくれます。そして、法廷に立つようなことがあれば心強い味方になってくれます。
  裁判所に関わる状況になった場合は法律の専門家である弁護士に依頼したほうが良いと考えられます。

このように、削除をしたい場合は弁護士に依頼することによる多くのメリットがあるのです。
まずは一度気軽に弁護士に相談してみましょう。
無理に依頼をしなくても、この先どの様に削除を進めていけばよいのかアドバイスをもらえることもあります。
辛い現状を気持ちよく打開していくために、確実な方法で削除していきましょう!
 

弁護士に相談する前に

弁護士に相談する場合は、あらかじめ対象スレッドやレス(書き込み)番号をまとめておくと相談がスムーズに行えます。
内容を見て、削除依頼だけを行うのか個人を特定して名誉棄損等で訴えるのかなど、どこまで掲示板での誹謗中傷に対して処分をしていくのかを弁護士と話し合うことができるでしょう。
複数の弁護士に相談すれば、大まかな流れがつかめてくるでしょうし、誰に依頼すれば自分にとってベストな処分になるのかがわかってくると思います。

弁護士の選び方のコツとしては、掲示板の場合は「インターネット問題に強い弁護士」などと検索するとネット問題を扱う弁護士がたくさん出てくると思うのですが、見つけた弁護士が自分のサイトに実績を載せているかどうかを見てみると良いでしょう。
 
 誹謗中傷を受けていらっしゃる方はかなりお悩みだと思います。
相談を親身に受けて、解決に導いてくれる弁護士に依頼をしてスッキリ解決してしましょう!