まちBBSで誹謗中傷された!削除と犯人の特定方法

  • 2018.08.28
まちBBSで誹謗中傷された!削除と犯人の特定方法

インターネット上には、匿名で書き込まれる掲示板が多く存在します。
同じ趣味などを持つユーザー同士の情報交換の場としては良いのですが、一方で他人を誹謗中傷する書込みも多く見受けられることが実情です。

今回はローカルな話題でユーザー同士が交流する匿名掲示板「まちBBS」での誹謗中傷についてお伝えします。

まちBBSとは?

まちBBSとは、地域情報系に特化した匿名掲示板です。区市町村レベルでスレッドが立てられ、ローカルな話題を中心に、ユーザーが情報交換を行う場となっています。

ちなみに、サイト名にも使われている「BBS」とは、Bulletin Board System(ブレティン・ボード・システム)の略で、ネット上で誰でも自由に閲覧や書込みができる電子掲示板のことです。

まちBBSの特徴

まちBBSの特徴は、前述した通り「地域密着型の掲示板」です。地元や勤務地など、ゆかりのある土地の情報について、井戸端会議のような感覚で自由に閲覧や書込みが可能です。

誰もが書込みのネタにされる可能性

ネット上で話題になる人物といえば、芸能人やスポーツ選手などの著名人が多いですが、まちBBSのような掲示板やツイッターなどのSNSが普及した現代では、一般人も話題の対象となることがあります。

特にまちBBSは、エリアを絞ったローカルネタで情報が交換されているため、投稿者の身近な人間を話題にすることがあります。
例えば、①「毎朝通うコンビニのお姉さん」、②「近所の行きつけのラーメン屋の店主」などです。

①と②に例に挙げて、まちBBSで実際にどのような書込みがあるのかをご紹介します。

例①「○○一丁目にあるコンビニで、朝の通勤時間帯にいる○○ちゃんが可愛い」

例②「○○二丁目のラーメン屋○○の店主は愛想がない」

上記では、町名や店舗名、人の名前は「○○」としてありますが、実際は実在する名前が書かれているケースもあります。このような書込みは、周囲の人ならば誰のことを書いていのかわかります。

例①の場合は、書込みの対象が女性です。そのため、投稿者について身に覚えがなければ不快な思い、更には恐怖を感じるかもしれません。

例②の場合は、店舗へのクレームとも捉えられ、書き込まれた側はマイナスの印象を植え付けられる可能性があります。このような内容は、エスカレートすると炎上につながりかねません。

また、人口の多い都心部の場合、市町村よりも更に絞って町内ごとのスレッドがあります。エリアが狭いほど、上記のような例文の書込みは、誰のことを書いているのかわかりやすくなってしまいます。
それは、地方の人口が少ない市町村でも同様のことが考えらます。

したがって、ローカルネタを扱う匿名掲示板には、ごく普通の一般の人が書込み内容によって、穏やかな生活が一転してしまう可能性も潜んでいます。

まちBBSでの誹謗中傷

前項は、まちBBSでは有名人でなくても普通の生活を送る一般の人が、話題にされてしまうことをお伝えしました。

書き込まれたとしても、ほんの些細な話題で生活に何も影響がない場合もあります。しかし、中には誹謗中傷する書込みもあります。
例えば、下記のような内容があります。

例①「○○一丁目の○○さんの家の奥さんは不倫している」

例②「○○保育園の子供の声がうるさい!明日○時に包丁を持っていってやる!」

例①の場合は、不倫をネット上という不特定多数の人が知り得る場所で、「○○さんの家の奥さん」の社会的な評価を下げる可能性がある書込みです。
不倫は、一般的には悪い印象を与え、民法では「不貞行為」として離婚の理由になると定められている行為です。
したがって、前述した名誉毀損罪に該当する可能性があります。

例②の場合は、保育園の職員や幼児の生命や身体を脅かすもので、前述した脅迫罪に該当する可能性があります。
また、実際に行為に及ばなくても、この書込みによって保育園が休園したり、警察官が警備にあたったりすると、ウソの投稿で業務を妨害したとして業務妨害罪に当たる場合もあります。

誹謗中傷は犯罪!この法律に違反する

まちBBSに限らず、ネット上の誹謗中傷は犯罪になる可能性があります。
実際にお笑いタレントのスマイリーキクチさんが、ある事件の凶悪犯に間違えられてネット上で誹謗中傷を受け、その書込みをした犯人19名が逮捕されるという事件がありました。
この時、犯人たちは「名誉毀損罪」(刑法230条)、「脅迫罪」(刑法222条)の容疑で逮捕されています。

その他にも、違反する可能性がある罪は以下の通りです。

■侮辱罪(刑法)

■業務妨害罪(刑法)

また、民法で定められている不法行為(709条)によって損害賠償請求(慰謝料)ができる可能性もあります。

削除方法

もしも、まちBBSで誹謗中傷された場合、サイト運営側に連絡をいれて削除を依頼することができます。

まちBBSの削除方法

まちBBSに削除を依頼する際は、地域別カテゴリーの「○○版」(関東版)のページ一番下方にスレの投稿フォームがあります。そこに書込むことで削除依頼ができます。

削除依頼の際は、必ず以下の内容を記入してください。

①スレッドのタイトル
②スレッドのURL
③削除したいスレ番号
④削除理由

最低限、4つの項目の記載が必要です。
ここの注意点として、④削除理由については、削除したい理由を法的な根拠に基づいて明確に示さなければなりません。

つまり、抽象的な理由では、削除が受け付けられない可能性があります。例えば、「この書込み内容で気分を害したので削除してください」では、法律的な根拠がないため削除を拒否される場合があります。

では、どのように法的な根拠を示せばよいのでしょうか?

削除理由の法的根拠

法的な根拠とは、今回のような削除依頼に関しては、法律に違反するか否かです。つまり、問題の書込みが罪に問われる可能性があることを主張しなければなりません。

例えば、「○○一丁目の○○スーパーでのレジ係の○○さんは、お店の売上を盗んでいる」などウソの書込みを削除したい場合は、「名誉毀損罪に違反する可能性がある書込み」とどの罪に違反するのかを具体的に記載する必要があります。

また、まちBBSの削除依頼の場合、削除理由に「GL1」「GL2」などアルファベットと数字だけを書いて削除依頼することもあります。
これは、まちBBSの運営側が定めた削除の基準「削除ガイドライン」の1~8項目に違反していることを表しています。
「削除ガイドライン」をアルファベットで略した「GL」に、何項目の数字を付け足しています。

弁護士に依頼

前項でご紹介した削除方法は、自ら行うことができ、お手軽にも思えるやり方です。しかし、この方法は削除するか否かは、サイト運営側が判断することを忘れてはいけません。
つまり、削除依頼をしても、問題の書込みが削除されない可能性があります。

では、強制力持って削除を依頼するには、どのような行動をとればよいのでしょうか?

ネット上の誹謗中傷書込みは、裁判所で削除の仮処分を下してもらえる可能性があります。
「裁判所」での手続きとなり、このような場合は一般的には弁護士に依頼するとスムーズに進みます。
また、弁護士に依頼することが、一番近い問題解決への道となり、効果的な方法になることが予想されます。
詳細は、次項でご説明します。

弁護士に依頼するメリット

ネットの存在が身近になった現代で、掲示板やSNSが普及し、個人が意見を世間に発信できるツールとなっています。
人々の生活が豊かになった一方で、ネット上のトラブルも多発しています。誹謗中傷もそのひとつです。

そこで、今、「ネット上のトラブル」に強い弁護士が存在します。
ネット上のトラブルは、被害者と加害者同士が、顔も名前も知らないというケースが多いことが現状です。

このようなケースは誹謗中傷トラブルでもよく見受けられます。まちBBSのような匿名掲示板は、本名を名乗らなくても利用ができるため、被害者だけが名前を晒され、加害者は‘名無しの権兵衛’でいる場合が多いです。

被害者側とすると、「被害を受けても誰を訴えてよいのかわからない」という状況になり、泣き寝入りとなってしまうことがあります。
しかし、弁護士に相談すると、「開示請求」という手続きで加害者の氏名、住所、電話番号などの個人情報を割り出す手続きができます。
詳細は次項でご説明します。

開示請求

開示請求とは、相手が持っている情報を提示させる手続きのことです。

誹謗中傷トラブルの際は、匿名で書込みをした犯人を割り出す手段として用いります。

その方法は、最初にまちBBSの運営側(コンテンツプロバイダ)に、問題の書込みをした人物のIPアドレス(インターネット上の住所)、タイムスタンプ(書込みの日時)を提示させます。
その後、インターネットプロバイダ(ネット回線会社)にIPアドレス、タイムスタンプを照会して、加害者の名前、住所、電話番号などを求めます。
しかし、インターネットプロバイダにとっては、顧客の個人情報を提出することになります。そのため、情報の開示には慎重な姿勢をとることがほとんどです。